女子と年齢

美魔女なる言葉がよく耳に入ってくるようになってしばらく。
彼女たちを見ていると、もはや何歳だか全くわからない。
と同時に、そのあくなき若さへの執着心に「魔女」という言葉の言い得て妙さをうっすらと感じたりもする。

おそらく太古の昔から、女子と年齢はすさまじい戦いを続けてきたんだろう。
それは美、への執着。および、その美がもたらす「自信」や「恩恵」への執着か。
ヒネクレ者の私としては、逆に自信のなさの裏返しでは、と穿って見てしまう。
もともと顔立ちが端正な方は、確かに若作りをすれば美しい。
でも年齢による内面の反映は、どうしても避けられないと思う。
恐ろしく美しい顔立ちで、メイクもヘアもファッションもハイセンス。
大きな宝石のついたアクセサリーをつけていて、お肌もぴかぴかだ。
だけど、人って感じれるのだ。
その人の中の傲慢さやわがままさ、その冷たさには特に敏感に。
もちろん本当に美しい人だっているわけで、その美しさも主観的なものだから善し悪しではないのだけれど、自分が目標にするなら、という観点から言うと美魔女には憧れない。
美しさは、生き方のセンスであり、知性であると思っている。
そして、美魔女と自称する人たちの多くがそうであるように、視線の多くが自分自信に向けられているのではない、生き方をしたい。
オシャレに楽しむことだって大切にしつつも、他にある大切なことをちゃんと大切にできる生き方を、したい。
で、どういう顔立ちが出来上がっていくのかわからないけれど、人間らしい表情があれば、それでいいのだ。
なんて言えばダンナにひがみだと言われそうだけど。

«
»