生まれつきの気質

持って生まれた気質というのはいつ頃からでてくるのでしょうか。
それはきっとオギャーと鳴き声をあげた赤ちゃんの時からかもしれません。
これは簡単にいえば、正確の「核」をなすものです。
刺激に対する感受性の強弱、反応の早さや強さ、また生理的なリズムといったような生きるテンポとでもいいましょうか。

こうした気質は生まれつきの物で、ほかの人が働きかけて変えられるというものではないようです。
ですから、赤ちゃんに対してお母さんが、「どうしてうちの子はこんなにわけがわからないんだろう?」「なぜぐずっているのかしら?」と悩んでも解決が難しいこともあると思います。
また育ての親自身にも気質がありますね。
ですから、そこで赤ちゃんとの相性の問題がでてきます。
相性が合うかどうかで「育てやすい」とか「育てにくい」とかの感じ方も随分と違ってきます。
相性が合わない事も当然ありますから、そのような場合は母親だけで育児の責任を引き受けようと頑張ってしまうと、色々無理が生じてきます。
そこで必要になるのが、母親以外の第三者の目。
赤ちゃんの行動の「読み取りやすさ」などは、読み取る側によっても異なりますから、むしろたったひとりの感受性で赤ちゃんを育てていくという事自体、問題があると言う事もできます。
ちょっとワガママな子やアートの感性を持った子などは、幼児期ではじかれてしまう危険性もありますね。
「こういう理由で泣いてるんじゃない?」などとアドバイスしてくれる人を身近に持っておくといいですね。

仕事がはかどる勤怠管理
勤怠管理システムで承認作業省力化
残業の申請と承認作業が紙ベースなら勤怠管理システム導入で大幅に効率化が可能に。未払い残業対策にも。
biz-work.jp/
関連:www.freebeer1981.com

«