インスタレーションを見てきました

 インスタレーションという分野のアート。
最近この手の作品が美術館へ行くとちらほら見られるようになった。
先月見て来たのは数十枚のたらいを3m程の高さから落とし、それを録画したもの。

たらいを落とした場所は美術館の展示室の一角なので実際に落ちたたらいを見る事ができる。
このたらいも作品の一つであったのだと思う。
この作品が何を伝えたかったのか、詳細は覚えていないし、ひょっとしたら説明も無かったかもしれない。
それでも、一種異様な光景に数分感見入って来ました。
そのたらいのインスタレーションが撮影されたビデオは展示室の白い壁にプロジェクターで投影されており、2台のスピーカー(結構大きなもの。50Wくらいはありそう)から、たらいの落ちる時の音が流されていました。
スクリーンの映像はおそらく実際より少し縮小され、たらいを落としたときの音はおそらく、録音し、再生する時には実際の音量に近い状況まで調整をしているのではないでしょうか。
山手線のガード下に立っているくらいの音量が出ていました。
 アートとは何かを考えて考えて行くと結局何でもいいのかもしれません。
思った事をやってみて、それを見た人が「おお。いいな。」と思えるもの。
それがアートなのかもしれません。もしかすると見た人が「つまらないな。」と思っても制作をしている人が「楽しい。」と思っているもの。
それもアートなのかもしれません。
インスタレーションはそんな事を物語ってくれているアートの種類の一つかもしれませんね。

肉はどこで買う?
業務用・個人用の精肉は食肉卸の卸専門店から
業務用から個人用まで幅広い肉のバリエーションを持つ東京の精肉専門店
meat-kimura.co.jp/

«
»