新しい挑戦

新規事業部という社内では花形の部署に所属しておりました。
仕事内容は新規事業の考案から設計、リリースから運用に至るまでの全てに関して携わることができ、経験できることが多く非常にやりがいのある部署でした。

が、会社的にも社長の色が強く、会社としての方針や出来事などにうんざり(会社をよくするためという押し付けなど)していたところ、新規事業部でも、新規事業の方針転換が何度も何度も行われ、進んでは後退しの繰り返しだったため、一区切りついたタイミングで迷わず退職しました。

給与や待遇はもちろん前提条件として絞り込みを行いましたが、面接時の面接官の人柄や自分が入社した際の役割、携われる仕事、仕事の進め方などを特に多く質問しました。
最終的には、最終面接で社長とお話する機会がありましたので、社長に直接、働くことに関しての考え方や会社としての方向性など、働くということに関しての質問をたくさんしました。
入社した結果、入社してから1年弱経過しましたが、仕事内容・進め方などを含め、現在非常に有意義に働いています。

業種にもよると思いますが、自分の場合はWEB系の仕事に携わっているので、GREENを利用しました。
営業系ならマイナビが情報多いと思います。
転職活動に際してですが、転職するならステップアップをしたいと思うはずですので、これまでの経験やスキルを活かせ、かつ前の職場よりも何かしらが上昇できるような環境を目指したいですよね。
ですので、面接では、採用側に合わせすぎるような意見を言えば内定の可能性も増しますが、その後のことを考えるのであれば、ある程度の自分の意見を伝え、お互いに大きな差異をなくすような転職活動が大切だと感じました。

働く女性の味方
勤怠管理で労働時間適正化
不正を許さないセキュリティを伴った勤怠管理システムが従業員の労務管理を適正にしサービス残業撤廃に繋がる
biz-work.jp/
関連:www.miniaturesbypost.com

«
»