老いへの意識改革と前向きな姿勢

写真を撮ってもらいその後にデジカメの画面を見るとすごく悲しくなってしまいます。
それは自分の老いを感じてしまうのです。
本当にたるんだ皮膚や目じりにある皺、いつの間にできたんだろうと悲しくなってきてしまいます。

その話を友人としていると、健康診断を受けてきたと話す友人。
最近では、コレステロールが高くなってきたため、食事に気を付けるようにと医師から言われたそうです。
たまに友人と会えば、自分の体調がどうとか、白髪が増えたとか、シミができたとか、そんな話題ばかり持ちあがるようになってきました。
以前までは、合コンでこんな男がいたとか、今狙っている男性の話とかバラ色の様な会話だったのですが。
そう思うといつから老いを感じるようになったのかと考えた私は30歳を境にぐっと置いたような気がします。
最初に気がついたのは目じりの皺でした。
アイラインがうまく引けずによれるのです。
そして、口元にできる皺も気になりました。
でも、その頃は気がつけばパックをしたり、少しお金と時間を使ってエステに行ったりしました。
時間とお金を使わなくなったのはやはり30歳過ぎてからです。
それが自分の意識をも変えてしまった瞬間だったと思います。
他の事にお金や時間を使うしかないと思ってしまったのです。
今からでも遅くないかな、と最近美顔マッサージを毎日5分するようにしました。
こうやって、老いを軽減するとともに綺麗に歳をとっていくようにしたいと思います。
こんな風な歳のとり方をしたいな、と思う人が上司にいますので何を人生において取捨選択していくのか、よいモデルとして勉強させていただいています。
私もいつか後輩から理想の上司と言われるように、綺麗な老い方をしようと意識改革に挑んでいます。

«
»